メンタルが病める時こそ目の前のやるべきことを淡々と

今日は久しぶりに母親が家に来た。

普段僕は実家に住んでるけど父親と姉と3人で暮らしてる。

家の事情を軽く説明すると母親は僕が小5の時に離婚して家を出てった。

別に家族の仲は悪くないし今でも連絡とるし、的な感じ。

ま、それはいいや。

で、今日は突然やけど晩御飯どきに母親が家にやってきた。

なんで家に来たのかは察しがついてたんやけどね。

昨日もラインで連絡があったから。

母「あんた、将来に対して目標とかあるの?」

僕「いや別に」

母「警察にでもなったら?(唐突すぎやろw」

僕「いや〜ええわ〜」

母「母はあなたの将来が心配です」

 

とまーこんな感じ。

 

僕はといえば今は22歳のフリーターで実家でタラタラと生活してる。

もちろん、僕自身はこんなところでダラダラとしてるわけにいかないってのはわかってる。

将来のビジョンも明確に決まってるわけじゃないけどボンヤリとやけどそれなりのビジョンもあるしそれを実現するために今自分がやるべきこととかも割と決まってる。

だけどそれを今母親に説明したところでそんなにわかってくれはしないだろうし、母親としては早く正社員として就職して欲しいんやろなって気持ちもわかる。

まー母親はいつも「あんたは何も危機感抱いてないし、何も考えてない!お父さんももう65歳でこれからしんどくなるのに。今頑張らんとあかんで!」てな感じ。

ま、こうやって心配されてるうちが花というか、幸せなのかなと思うし親の気持ちに応えたいとも思ってる。

 

正味な話1年半前にネットビジネスを始めてマジで結果でやんくて、なかなか継続できひん自分に嫌気がさして、辞めてはまた始めての繰り返し。

そんな日々が続いてててなかなか自分の状況もうだつもあがらず、自己肯定感もかなり下がってた。

こんな感じやから今母親に色々言われたところで言い返すような材料も特にないしどうせ自分がネットビジネスとかWEBマーケで独立してやってくってのは信じてもらえないと思ったから今日母親が家にきて何か言ってきたも特に何も言い返んかった。

そんなこんなで晩飯ついでに母親が家に来て何やら資料を持ってきた。

母「あんたに見せたいものがある」

僕「何?」

母「これ。〇円スクール。無料でプログラミングの勉強できて3ヶ月で就職もさしてくれるねんて。お願い。これが最後でいいからせめてこれで3年間だけでもいいから就職して何かスキルつけて。今のままやと何もないし将来不安やろ?」

まさかこんなもの持ってくるとは思わんかった。

ここまで色々提示してくるとかめちゃくちゃ考えてくれてんねんな〜、と思うと同時に自分が情けなく感じてもくる。

22歳にもなってなんで親にあれこれ言われなあかんねんと。

今頃もっと稼いで親に何も言われんくらいに稼いでスキルもつけて毎月金銭的な手助けでもできてたら何も言われんでもええのになと思ったり。

今はプログラミングの時代やししょーみこれ学んである程度スキル身につければフリーランスとして稼ぐみたいなこともできるんやろなとも。

わいの母親、五十路やのになかなか世の中の流れ見えてるやんけ。

で、母親の言う通りにスクールに行って就職するみたいな選択肢もええかもなと一瞬思ったんやけど、、、

僕「いや、プログラミングは興味ねーww」

と。

僕は今ブログ書いたりしてSEOの勉強してて、てか絶賛アドセンスとかそっちに力入れてるからあんまり母親の言うことに心が動かなかった。

僕としてはプログラミングスキルを身につけるよりもライティングとかマーケティングやセールスのスキルを身につけることにフォーカスしたいと考えてる。

もちろんプログラミングのスキルもあるに越したことはないねんけども。

今の自分にはあれもこれも勉強して実践してなんてやるキャパ量も器もないのである。それは自分が一番わかってる。

筋トレとブログ書くの両立するのも苦戦してるのにそれに加えてプログラミングもて無理やって話で。

今日はなんとなくそれなりの返事でスルーしといた。

 

だけど、僕はまだ、決して諦めてない。

 

自分で独立して生きていくことを。

 

やりたいことなんてないし、特別好きなこともない。

 

家族のために働く!なんて気概もない。

 

かと行ってサラリーマンとして働くとか絶対に嫌やし朝早くに出勤とか嫌やし(理由はしょーもない)。

 

だけど、いずれ父親母親の面倒を見るのは自分なんだろうなと言う気持ちもわずかながらあるし(てか面倒見ろって言われてるw)その覚悟もあるつもり。

 

だからこそ、自分でキチッと独立してしっかりキャッシュ稼いで家族に金銭的に支えになれるようになる。

 

そのために、今自分ができることをやるしかない。

 

そして今の自分ができることといえばそれがアドセンス用のブログ記事を更新すること。

 

それのみ。

 

「いや今更アドセンス!?wアホなんw」

と思われるかもしれない。

 

巷ではメールマーケティングを駆使してくとかライン@使うとかいわゆるリストマーケティングやってDRMで半自動化させていくのが一番いいとか。これからは個人に価値が帰属するからSNS極めろとか。youtubeが熱いから動画やれとか。

 

そんな話が色々あるけど、それでも僕はアドセンスブログに力を注いでいく。

 

いろんな成功者の人見てるけど1つの分野で成功してる人って結局別の分野でも成功してるなって気がするんですよね。

 

だからまずは一つの分野で突き抜けるのが一番いいのかなと。

 

その手段はほんまになんでもよくて。

 

数ある選択肢の中でも今の自分の一番興味ある分野である程度のスキルがつきそうなのがアドセンスであり、ライティングスキル。

 

そんな感じ。

 

親としてはサラリーマンとして働いて欲しいとか色々言うけど結局は周りから見て立派な息子として自慢したいとか、父親を支えてくために働いて欲しいとかって理由でガミガミ言ってくる。

つまるところ金稼げってことw

だったら僕はもう今更サラリーマンとして働くよりも自分で独立して働く方が確実に稼ぎのスピードは早いやろうし(僕は高卒なので)、その方が将来性も高いと確信してる。

 

これからの僕はとにかく金に魂を売る。

 

だけどそれも、効率のいい方法と独立して稼げる方法を選択しつつ。

 

これ以上親に何も口出しさせないくらいに稼いでやる。

 

毎月焼肉連れて行ったんねん。

毎年プレゼント欲しいものこうたんねん。

父親に仕事辞めてもらえるぐらい稼いだるねん。

 

もう、継続できないからブログ辞めたとかって選択肢は僕にはない。

 

稼いでナンボ。

 

金に魂売る。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1997年大阪生まれ。大学受験はせずに、英語系の専門学校に1年間通ったのち、イギリスに半年間留学して帰国。その後ネットビジネスを始めるも継続力がなく諦めてフリーターに。現在は諦めきれず、再びフリーターとしてバイトと両立しながらブログメルマガアフィリエイト、WEBマーケティングのビジネスに取り組んでいる。