人と会話しないと人間は死ぬ説を提唱したい

こんにちは、明治です。

先ほどまで友人と計4時間ほど通話していました。

僕は悪い癖で通話し出すと止まらなくなり、永遠にダラダラと通話を続けてしまうのです。ええ。

「もうそろそろ終わらへん?」

とどちらかが切り出さないと一生終わらへんであろう空気感の中で結局ダラダラと会話を続けるわけです。

でも、そうやってダラダラ長電話するのも嫌いではないですね。
多分これからもし続けます。

さて。今回のテーマは「人と会話しないと人間は死ぬ説を提唱したい」と言うことですね。

冒頭で述べたように僕は人と会話するのは好きなんですよね。

特に気の知れた、腹割ってなんでもかんでも話せる仲やとなおさら。

もちろん、皆さんもそうだと思います。

「会話が死ぬほど嫌いやねん!誰とも会話したない!!」

と本心から思ってる方なんてほとんどいないんじゃないかと。

「俺私は友達なんて一人もおらんし・・・」

なんて人も親とか兄弟、小さい時なんてのは特に会話しまくってたんじゃないでしょうか。

そうでなかったとしても、程度の差はあれ会話することが大嫌いなんて人はいないはずです。

人間誰しも会話することが好きだと信じてやまない僕ですが、そんな僕はここ最近まで人と会話することを拒んできてました。

前々回の記事で「ビジネスのためにビジネスをすることの違和感」と言う趣旨の記事をお送りした訳ですが、僕は約1年間ネットビジネスなるものをやってきて家で引きこもりながら日々パソコンを叩くだけの毎日を過ごしていたのです。

そう。「おもろいことは先延ばしにするべからず」と言う理念を掲げている僕らしからぬ行為を約一年に渡って行ってきていた訳ですね。

人と会話しないとどんなことが起こるのか?

下記が僕が陥っていた症状です。

・すぐ悩んで一人で抱え込みがち
・嫌なことがあると自分は悲劇のヒロインだと錯覚
・相談する相手もいないから一人で解決しようとするけど真逆の方向に進む
・普段会話しないので、急に会話するってなったら緊張
・コンビニの店員さんと目も合わせられない
・喋らないので酸素を取り込む機会が呼吸しかなく、代謝が悪くなりがち

などなど。

僕は、これらの症状は全て「人と会話しないから」起こるものだと断言できます。

そして、会話しないことはもれなく人として「死」を意味するとも考えています。

もちろん、一定期間誰とも話さずに何かに没頭することはいいことです。

ですが、それはずっとすることではありません。

人と会話しないと人間は死ぬとはどう言うことか?

これはあくまでも僕の考えですが、人様の体には無駄な部分なんてないはずなんですね。

神様がこの人間の体の形状にして、髪の毛や耳、鼻や手を作ったのには必ずそれぞれに役割があるはずなんです。

人が声を発し、言葉を喋れるようにしてるのも「会話」するためのものであるはずなんです。

であれば、人間喋ってなんぼなんじゃないかと。

喋るために人の喉と口はある。

だからそれを使わないことは、活かしきれていないことは死なんです。

これが一つ目の理由ですね。

そしてこれがもう一つの理由。

それが、「学び、考え、経験は話してなんぼである」と。

たとえば、アップルの総評者で有名なスティーブ・ジョブズがいますね。

彼は新しい製品ができると決まって観衆の前に出てプレゼンテーションをしてその価値を伝えてきました。

ですが、もし彼がそのアップル製品を作ったことを誰にも言わず、人知れず自分だけが楽しんでいたらどうでしょう。

そのアップルの製品に価値はあるでしょうか。

否、ありませんね。

ジョブズがああしてアップル製品の良さを世の中に伝え、示して行ったことで今日、僕たちはアップル製品なくては生きていけないレベルのものになりました。

ジョブズが喋り伝えていったことで今があるのです。

もう一つ例を出しますか。

たとえば、歴史なんかどうでしょう。

歴史なんてのは典型で、過去のものであり、その時に経験した誰かが後世に言い伝え、また書き残してきたことで僕たちは過去を知ることができているわけです。

戦争の体験談なんていい例でしょう。

あれなんてのは被災者の人たちが子供や孫に言い伝えていき、そしてその話を聞いた子供や孫がまたその後世に伝えていくことで意味があるのです。

意味があるって言い方はおかしいですが、話伝えていくことで、僕たちは過去の過ちを知ることができるのです。

一人で抱え込み、その体験を誰かに伝えずに自分だけで消化するのはそりゃ消化不良するってもんです。

ちな、僕は消化不良だらけでしたね。

物事ってのは「循環」が大事だと思うんです。

風呂に半身浴することで血液の流れをよくするように。
友達とカードゲームのカード交換をするように。
お金を払ったらその対価として商品を受け取るように。
飯食ったらうんこ出すように。

こうやってきちんと循環を起こしてるからスムーズに物事が進んでるんです。

ですが、この循環をないがしろにするとどうなるか。

物事ってのは必ず循環しないと、必ずどこかで支障が起こるんですね。

風呂に全身浸かると芯から温まる前に湯冷め。
友達のカードゲームをもらおうとするだけ。ゆえに喧嘩が起きがち。
お金を払わずに商品を受け取ろうとし、泥棒になる。
飯食ってもうんこ出ずに便秘。

上記のように循環が起きないと支障が来たし、糞詰まるわけですよね。

こんな感じで会話も同じく、人に何か話さないとその経験や考えは誰ともシェアできず、一人だけで解決しようとするからおもんなくなる。悩みまくるわけですね。

もし、あなたが「最近誰とも会話してへんな〜。色々考え事があんねんけど」
と悩んでるのなら。

ぜひ気心の知れる友人や知り合い、親兄弟に話してみてください。

あら不思議。

話してるだけでいろんなアイデアが生まれ、悩みがどんどんちっぽけなものとなり、よき循環が生まれて来ることでしょう。

一人で悩んでるくらいなら、
誰かに話してみてください。

あ!!!!

ただ、1つだけ注意点。

もし、あなたのその話相手が否定形で話す場合が多いのなら、それはやめたほうがいいかも。

僕は幸い、僕のやりたいことや悩みに対して、前向きに捉えてくれる友人がいたので思う存分話すことができました。

ですが、もしもそんな相手がいないのであれば、ぜひ僕に相談してみてください。

適当に話を聞いたり、無責任に背中を押すことなら可能ですw

まーそんなわけで、これからもガンガン喋ることで、いい循環を起こしていきましょう。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1997年大阪生まれ。大学受験はせずに、英語系の専門学校に1年間通ったのち、イギリスに半年間留学して帰国。その後ネットビジネスを始めるも継続力がなく諦めてフリーターに。現在は諦めきれず、再びフリーターとしてバイトと両立しながらブログメルマガアフィリエイト、WEBマーケティングのビジネスに取り組んでいる。