ダイエット従事者必見、「沼」を実践してみた。

どうも、メイジです。

絶賛ダイエットに取組中なんですが、如何せん体重が落ちず停滞しています。4月からダイエットを始めたのですが、なかなか落ちませんね。4月ごろは体重77キロあったのが、現在(8月12日)は72キロ。5キロ減ったは減ったのですが、7月頭ぐらいから1ヶ月ぐらいこんな調子です。

2週間前は71キロ台に突入してマックス71.1キロまで減らすことに成功したのですが、そこからなかなか落ちずむしろ増えると言う。

原因はいろいろあるだろうとは思ってます。

・そもそも食べる量がずっと減ってない
・週に2回ぐらい吉野家とか唐揚げとか食べちゃう
・運動強度が上がっていない
・毎日食べる晩ご飯の量にばらつきがある。

など。

ただ、いろいろ原因はあれどコレがぶっちぎりで一番の理由だなと思うものがあります。

それは、「ご飯を作るのが面倒臭い」と言うこと。

残念ながら、料理をする楽しさをあまり持てない僕にとって料理すると言うのは時間の無駄でありそもそも料理のネタを考える事が面倒臭いと思う人種です。

と言っても普段食べている減量食なんて鶏胸肉とブロッコリーパプリカを茹でて食べるだけなんですけどねw

しかも毎回毎回カロリー計算するのも苦痛。

面倒臭くないですか?いちいち「コレは何カロリーあるから食べていい。コレは何カロリーあるから食べたらあかん」とか考えるの。

もちろんコレをした方がダイエットの成功確率は高まるでしょうし、それこそボディビルなどのコンテストを目指してる人であれば必要でしょう。

ですが、「そこそこかっこいい体を作りたい、腹筋が見えてパッと見でガッチリと引き締まってるなとわかる」ぐらいの体を目指してる僕にとっては苦痛で仕方ない。

鶏胸肉のパサパサなんて毎日毎日しんどいですしね。

それの反動もあって、週に2回ぐらいの頻度でついついコンビニで揚げ物を食べてしまうなんてことは僕にとってよくあることです。

とは言ってもダイエットをしっかりと成功させたい僕にとってはいつまでもこんな状態ではいられないわけです。なんとかしてこの状況を打破したいと。

そこでたどり着いた方法が、

「沼」

はい、意味がわかりませんねw

唐突の沼発言に訳がわからないと言う人もいるかと思います。コレ、料理名のことです。

僕のオリジナルでもなんでもなくて、ユーチューバーのマッスルグリルさんにシャイニー薊さんと言うボディビルダーの人がいるのですがその人が紹介していた減量食です。

詳しくは下に「沼」について詳しく解説された動画を見てみてください。

​究極の減量食「沼」を大公開!

見た目は最悪なんですがw、たくさんの旨味成分の出しがでまくってるので当然美味しいしその上で、腸内環境にも抜群。

それに加えて、異常な水分量なので減量中にも関わらず腹持ちめちゃくちゃいい。写真は一応僕が今朝作った1日分の沼の量なんですがめちゃくちゃ多いw

画像1 画像2

コレ全部食べて1日分ですよ。

しかも減量中の飯の量がコレ。

いや多すぎワロタ。

こんだけ食べたら太っちゃう〜〜って感じなんですが、総カロリーは2000キロカロリーないくらい。僕が1日に摂取していい基礎代謝量が2200カロリーぐらい。なので計算通りにいけばコレさえ食べておけば仕上がっちゃう計算になる。

もちろん減量が進んできたら量を減らせばいいんですが、それでもこの量ですからね。十分すぎる。

で、今朝とりあえずタッパー1個分食べてすでに3時間ぐらい経ってるんですが全然問題ない。腹持ち良すぎ。

ちなみに味は水分量が多い分薄味になりがちなので、食べる時は塩胡椒を振りながら好みの味付けにして食べるのがベター。

まー何もかけなくても出しが効きまくってるので美味しいんですけどね。

作り方はクソ簡単です。

用意するものは以下。

・5合炊き炊飯器(10合でも可)
・水2Lぐらい
・米272g(1合半ぐらい)
・鶏胸肉670g(スーパーで売ってる鶏胸肉2つ分と思ってもらえれば)
・乾燥わかめ(目分量)
・干し椎茸(目分量)
・オクラ1パック
・塩胡椒を少々

コレだけ。シャイニー薊さん方式では、コレに+カレー粉を加えるみたいですが、匂いがとんでもなくするみたいなので周りに迷惑をかけたくないことを考慮すると弁当として持っていくには必要ないかと。

夜寝る前にコレを全て炊飯器にぶち込んで、いつも通りに炊飯。保温状態にして6時間〜から寝かして朝起きて完成。

ずっと保温にすると電気代がもったいないと言うことであれば、保温機能のある料理器具に炊き終わったら移し替えて、少し熱してから寝かしてください。

で、コレをタッパーに小分けにして、4時間おきぐらいに食べて1日で食べる。

けっこーしんどいと思いますw

僕も今弁当を持ち歩いでるのですが、ちょっと重いなと感じるぐらい。

この記事を書き終わるごろにまた食べようと思います。

今日からしばらくはこの沼を食べていこうと思います。

なんせコレだけ食べてればいいんでね。いちいち料理する度にカロリー計算する必要もなければ、食材を選ぶ必要もない。1日の中で脳味噌が食事について考える時間が減る訳なので負担が大幅に減りますね。

料理について考えていた脳味噌の空いたキャパは、解剖学や栄養学、トレーニングについて。はたまた他のやりたいことに使いたいと思います。

また沼を食べ続けた経過報告をしたいと思いますのでお楽しみに。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1997年大阪生まれ。大学受験はせずに、英語系の専門学校に1年間通ったのち、イギリスに半年間留学して帰国。その後ネットビジネスを始めるも継続力がなく諦めてフリーターに。現在は諦めきれず、再びフリーターとしてバイトと両立しながらブログメルマガアフィリエイト、WEBマーケティングのビジネスに取り組んでいる。