小腹が空いた時にオススメ!マッチョが勧める美味しいゆで卵の作り方!

「ゆで卵なんてどれも一緒じゃね??」

 

と思われたそこのあなた。ノンノンノン。実はゆで卵にも美味しい作り方が存在するんですよねこれが。

 

ただ茹でるだけという単純作業には変わりありません。ですが、単純作業がゆえにそこにはこだわりを見いだすことが出来てかつ美味しさを極めることも可能。

 

そして何と言ってもゆで卵には茹で時間を変えるだけでとてつもなく美味しいゆで卵になることもあれば、めちゃくちゃマズくなる事もあります。その人の好みの味も茹で時間を変えるだけで変幻自在。

 

そんな超絶簡単でお手軽に作れかつ美味しさに幅を持たせることが出来て腹持ちがよくてマッチョに嬉しいタンパク質をサクッと取ることが可能。こんな素晴らしい料理が他にありますかと。笑

 

と、前置きもほどほどにゆで卵の美味しい作り方をめちゃ簡単に紹介させていただきたいと思います!!

 

美味しいゆで卵に必要な材料(一人分)

・卵・・・6個(お好みの量)

卵1個60グラムあたりに含まれるカロリー・・・91カロリー

卵1個60グラムあたりに含まれるタンパク質量・・・7グラム

 

用意する材料はもちろん卵のみです。巷にはこの他にも塩を用意したりなんだりってのがありますが、ぶっちゃけいらんです。僕の紹介する超絶うまいゆで卵にはそんな調味料なんてなくても上手く調理することが出来ちゃうのでご心配なく。

 

美味しいゆで卵の作り方(一人分)

①鍋にたくさんの水を入れて湯を沸かして沸騰させます。

②沸騰させたらあらかじめ用意した卵6個をそっと鍋に入れていきます。この時に勢いよく上から下ろすと卵が鍋のそこに当たって割れてしまう可能性があるので、オタマに卵を乗せて一つ一つ入れていくのがコツです。

③(ここからポイント!!)沸騰した状態から7分間茹でます。そうするといい感じで半熟になってめちゃくちゃ美味しいゆで卵が出来ます。

④茹でている間に冷水を用意しておきましょう。茹で上がった卵を後ほどこのボウルに入れていきます。

⑤7分経ちましたら火を止めます。あらかじめ用意しておいた冷水の入ってるボウルの中に卵をどんどん入れていきます。沸騰したあとすぐに冷水に茹で上がった卵を入れておくことで後ほど卵を剥く際に剥きやすくなります。

⑥5分ほど冷やしたら、最後に卵を向いたら完成です!!

 

たったこれだけです。

 

ポイントは茹で時間ですね!。茹で時間で苦戦を強いられる人が多いかと思います。沸騰してから7分なのか?10分なのか?。はたまた沸騰させずに初めから卵を入れたほうがいいのか悪いのか?

 

この辺りを考える必要がありますからね。ですが、今回僕が紹介した「沸騰させてから茹で時間”7分間”」を徹底していただければなと。

 

美味しいゆで卵を作る際のコツ

ぶっちゃけゆで卵を茹でる時のコツなんてものはないんですが(ないんかいw)、剥く際のコツは存在します。剥く作業が超絶めんどくさいって人は多いかと思います。そして僕はこのゆで卵を剥く時間ほど無意味な時間はないやろと毎回毎回ツッコミを入れながら剥くぐらいにはどうでもいい時間だと考えてます。

 

まさに今の下りこそどうでもいい時間なんですが、何れにしてもゆで卵を早く剥くことでデメリットになることなんて1ミリもなくメリットしかないでしょう。

 

そんな僕がゆで卵を剥く際のコツをサクッと紹介させていただきますね。

 

卵にヒビを入れてから茹でる

これは王道中の王道の方法ですね!卵にヒビを入れてから剥くことで、茹で上がっていざ卵を剥く際にツルンっと剥くことが出来ちゃいます。

 

ヒビの入れ方ですが、スプーンか何かで叩いてヒビを入れていく方法ですヒビを入れる部分ですが卵の下の方、先っちょがトンガってない部分にヒビを入れていきましょう。そうすると茹でた時に卵の殻と白身の引っ付いてる部分に隙間が出来てツルンっと剥きやすくなります。

 

 

ちなみにですが、先端部分には「気室」という空洞があるので多少ヒビを入れたところで中身が出てきたり漏れてきたりという心配はないのでご安心ください。

 

これがゆで卵をサクッと時短で向けちゃうコツです!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまでマッチョが勧める美味しいゆで卵の作り方を紹介してきました!今回紹介した方法なら今までよりもより簡単にゆで卵を作ることが出来るかと思います。ゆで卵なんて誰でも作れるでしょと思っていてもいざ作ってみるとめちゃくちゃ卵の黄身の部分が硬かったりしがちですからね。

 

今回紹介した方法をぜひ明日から取り入れていってみてください!

 

トレーニーにとってはタンパク質は命の次に大事だったりしますからね。タンパク質をサクッと摂取できるおやつとしてのコストパフォーマンスはランキングをつけるとしたら1位といってもいいぐらいのゆで卵!

 

あなたもぜひ、時短でサクッと美味しいゆで卵を作ってみてくださいね!!

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1997年大阪生まれ。大学受験はせずに、英語系の専門学校に1年間通ったのち、イギリスに半年間留学して帰国。その後ネットビジネスを始めるも継続力がなく諦めてフリーターに。現在は諦めきれず、再びフリーターとしてバイトと両立しながらブログメルマガアフィリエイト、WEBマーケティングのビジネスに取り組んでいる。