このブログは日々のアウトプット用ブログに変更しました。

こんにちはー、めいじです。

ブログ書いてる人のほとんどが

「収益化したい!」

「ブログでお金稼ぎたい!」

「ブログを集客用として活用してメルマガ内で収益化したい!」

「ブログアフィリエイトで稼ぎたい!」

「アドセンスブログで稼ぎたい!」

などなど。何かしらしてマネタイズしてお金を稼いでいきたいって人がほとんどなんじゃないかなと思います。

僕もそのうちの一人ですしね。

ちなむとこのブログ、もう開設して1年半ほど経つんですけどいまだに大した収益化ができておりませんw

 

いや〜ぶっちゃけムズイっすねw

 

これまでいろんな教材買って取り組んでみましたけどなかなかムズイです、これ。

 

まーほぼほぼパクりまくりのコンテンツでステップメール組んで教材の中身もほぼほぼパクりみたいな人も知ってますしそうすれば収益化できるんだろうなーとも思います。

 

で、それこそがよく言われる「無駄なプライドは捨てろ!守破離が大事なんや!」とか言われるわけです。

 

でも僕としては「いや、そんなんわかってるっちゅうねん!!けど、なんかきな臭いし稼いでもないのにこうすれば稼げるよとかなんとかゆーて稼ぐことに対する罪悪感がぬぐいきられへんねんこっちは!」

ってゆーね。

こんな感情にもなりたくなりますよねマジw。この業界見てると。

 

「まず自己アフィリエイトか不用品販売等で実績作りましょう。それを実績にツイッターブログで発信しましょー。それで読者が増えてきて何かしらセールスして売り上げたことを実績にまたそうやって稼げた稼ぎ方を教えていきましょう」みたいな。

 

いや〜どうなんやろ、それ。

 

結局は稼ぎ方を教えて自由な生活を送りましょうみたいな話じゃないですか。

 

で、その発信してる人の稼ぎのほとんどがその稼ぎ方を教えるノウハウを売っての収益。

 

「いや、それ自分自身が別で自動で稼いでる収益源がないと説得力なくねw。なんでメルマガで稼ぎ方を教えてますってのを実績に、私は月100万円自動で稼いでます!とかドヤれるん?そのお金今読んでくれてる読者の人のちゃうの?やばないその発信w」

とか思っちゃうんですよねー。

いやね、別にいいとは思うんですよ。全然詐欺じゃないし。実際にそれで稼げるようになってる人もいるし。

 

でもそれで稼いでるんならサイトアフィリなり他のジャンルでの収益源確保してそこでの実績を掲げてくれよって話じゃないですか?

 

それもしやんと自分の収益源は稼ぎ方を教えてるやつだけです!ってなんだかな〜とか思っちゃうんですよね。

 

ま、こんな考えがあるからあまちゃんのままなのかもしれません。

 

でも、だからこそ僕はメルマガを使って稼ぎ方を教えてるだけの人じゃなくてちゃんと別で自動で売り上がる収益源がある人の発信は貴重やなと思います。

 

最近のツイッター見ててもメルマガ推しの人も増えてきたなと思う一方で稼ぎのほとんどの実績がまさにメールを読んでくれてる人から頂いたお金を実績にしてる人がほとんど。

いや、そのスタンスダサいねんw

って話ですよね。

 

ほとんどネズミ講やんけってゆー。

 

真っ当な方法としてはちゃんと別で収益源を確保する→その安定した自動(もしくは半自動)での収益源があって、その実績を元に発信する。

 

これがいっちゃんええと思うんですよねー。

 

例えば英語系の発信をまずはする。

 

で、そこででた実績を元に「私は英語系の発信でほぼ自動で月50万稼げるようになりました。ノウハウシェアします」的な話ならわかるじゃないですか。

 

しかもこれのいいところはあんまり読者のことをお金としてみないからガツガツしなくてもいいってゆー。

 

すでに英語系の発信で収益源確保されていてある程度自由な時間もあるわけなんでね。心にもある程度余裕あるはずなんですよ。

 

これがお金の稼ぎ方を教えるだけの人になると話は別。

 

自動で稼ぎ方教えますって人のはずなのに、発信してるノウハウは「実績を転がしていきましょう」、ですからね。

 

このやり方で行くと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1997年大阪生まれ。大学受験はせずに、英語系の専門学校に1年間通ったのち、イギリスに半年間留学して帰国。その後ネットビジネスを始めるも継続力がなく諦めてフリーターに。現在は諦めきれず、再びフリーターとしてバイトと両立しながらブログメルマガアフィリエイト、WEBマーケティングのビジネスに取り組んでいる。