フロントエンドバックエンドって何???

こんにちは、めいじです。

現在わけあって東京にきてます。
まーこのブログはスタバで書いてるので
大阪にいる時とやることはほぼ変わりません笑。

スタバってすごいですよね。

あの小さなスモールサイズのブラックコーヒーで
三百円超えますからね。

高いな〜笑。

まースタバってだいたいパソコン開いて
何かしら作業してる人ばっかなんで自分も
できる人ぶって非常に意識高く作業が
はかどります。

というわけで今日はスタバ絡みで
マーケティングの話していきまーす。

フロントエンド

フロントエンドってなんやねん。

僕も知らなかったので安心してください。

フロントエンドは簡潔にいえば
前の商品やサービス。

利益をあげたいところは後ろにある
バックエンド商品やサービスなんですが
まずはフロントエンドでお客さんに
価値を感じてもらい、満足してもらう。

実はこのフロントエンドというのは
非常に大事になるんですよね。

なぜか?

フロントエンド商品サービスの質が
悪ければお客さんは次にまた買いたい
とかサービス受けたいとはならないからです。

ゆえにリピート客が減る。

商売やる上でリピート客ってめちゃんこ
大事ですからね〜。

何度も買いに来てくれる人がいるから
店側も売り上げが見込めるし
商売が成り立ちます。

これがいつも新規客だけだと
お客さんが流動してしまうので
どうしても数が限られる。

日本だけで言えば
1億人きてみんなリピートしてくれなかったら
それでその店は終わりますからね。

ビジネスの世界ではだいたいどの
分野でも使われています。

例えば先ほどのスターバックス。

スターバックスのフロントエンド
商品ってなんだと思いますか?











正解はコーヒーです。

スタバのコーヒーは高いんですけど
スタバってのは作業する人が
多いですよね。

それはあのなんとも言えない
独特の高級感のある雰囲気と
ほとんどの店舗がワイファイを
提供してくれているのも要因です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1997年大阪生まれ。大学受験はせずに、英語系の専門学校に1年間通ったのち、イギリスに半年間留学して帰国。その後ネットビジネスを始めるも継続力がなく諦めてフリーターに。現在は諦めきれず、再びフリーターとしてバイトと両立しながらブログメルマガアフィリエイト、WEBマーケティングのビジネスに取り組んでいる。