ブログの活動理念とストーリーの共有

初めまして、めいじと言います。

めいじは本名で漢字もあの超大手メーカーさんと同じです(どうでもいいか笑)

おまえ誰やねんってなると思うので自己紹介させてください。

僕は現在21歳で起業してビジネスを拡大しています。

これまで、80万円以上自分への投資をしてきてビジネスについて知識と経験を積んできました。

  • 箇条書きで軽く僕の自己紹介をしますと、
  • 起業2か月で初収益発生
  • 自己投資に80万円以上を費やす
  • ネットビジネスのスキームを活かして、飲食店の経営アドバイスをする
  • 何人もの起業家と出会い、お金に対する価値観が崩壊
  • 軽く50人以上のブログ記事を添削
  • 起業半年で自らセミナー講師になり、セミナーを開催
  • 6日でYoutube動画100本投稿
  • メルマガ読者さんと話すと「やるべき事が明確になりました!」と言われる
  • 学びと実践を繰り返すことで自分がレベルアップしていく過程が楽しい
  • 起業家仲間と時々、作業会をして切磋琢磨している
  • 上の世界を見れば見るほど自分のショボさに落胆する(笑)
  • 今は、尊敬する師匠を追い越すために猛烈にビジネスに取り組んでいる
  • プライドを捨てて、19歳の年下起業家にも素直にアドバイスをもらったりしてる
  • 勉強すれば「稼げる」という至極単純な世の中の構造を知り、勉強が楽しくなる
  • 人に学んだ知識を話すだけで、超絶感謝される機会が増えて楽しい
  • 定期的に東京に行って、多様な価値観に触れて、成功者マインドをインストール
  • 今はやりたい事がとことんできる人生を目指して日々邁進してる途中
  • ネット上には決して転がってない情報が東京ではボンボン出てくるのでおもろい
  • 生きてるだけで「このアイデア自分のビジネスに活かせそう!」と思考力がグングン上がる
  • これが僕にとっての当たり前の世界です。

正直信じられない世界ですよね。
昔の僕がみても信じられない内容です。

ですがそれは”ただ知らなかった”。

これだけです。

僕に何か特別に勉強する才能があるとか特別な何かをして
知識と経験が得られたとかそんなことは全くありません。

ただ知らなかった世界を知っただけです。

そして勉強さえすれば稼げるとゆうこともわかったから
僕は現在、朝から晩までビジネスのことについて勉強をしていますしそれが楽しくてしょうがないんですね。

でも昔からこんな人間だったわけではありません。
むしろ学歴を見ても専門学校卒業ですし元々勉強は大嫌いでした。

大学受験も勉強が嫌で放棄した人間です。

高校を卒業して入学した専門学校時代はお金がなさすぎて新聞奨学生とゆう新聞配達をすれば学費が出るとゆう制度の新聞配達を1年間ほぼ休みなく働いてました。

周りの友達が夜通し飲み会をしてSNSにアップしているのを尻目に僕は深夜から業務があるのでほぼ一人で過ごしていました。

あの時の哀しさ、俺はここで何してんだろうという思いは一生忘れることはないでしょう。
そしてこの時にお金の尊さ、お金がないとこんなに大変なんだなと実感します。

周囲への劣等感、将来への不安、金銭的困窮により精神的にも追い込まれていました。

そしてこんな状態だったからこそビジネスを学び、
ビジネスの原理原則を知ることでお金の稼ぎ方を知り得ることができました。

特別なことは何もしてません。

ちゃんとビジネスがわかる人の元で学びと実践を繰り返し、そしてまた学んできたからです。

そして今の僕にとってはその世界が当たり前なのです。

それをまずはぼんやりと認識してもらって、その上でこのブログをみてもらえればなと思います。

塾で初日に筆算のテストで0点を取って泣いた小学生時代

僕は算数が苦手でした。とゆうか今でも数学算数は大の苦手です。ここからです。僕が勉強を嫌いになり出したのは。

小学2年生の時に『楽しい算数』とゆう問題集があったのですがこれが全然楽しくなかった笑。
宿題でこれが出されると全くわけがわからず家で母親に教えてもらいながら取り組むも全然できずに大泣きでした。

『なんでみんなできるのに俺だけできひんねん〜』

って言ってよく泣いてました。

小学3年生の時に初めて塾に通うことになります。

勉強できなすぎてそして6つ上の姉が私立に塾に通ってから進学していた影響もあって僕も入塾することに。
ただここで悲劇が。。

初日に簡単な筆算のテストがあったのですが僕はこの時本当に馬鹿すぎて全然できなくてこのテストがクラスで僕だけが0点。

0点ですよ笑。

今ではなんでできなかったのかもわからないぐらいですが当時の僕には超難しかったんでしょうね。

クラスで笑われ者ですし帰りの車でまた大泣きでした。

そして家に帰ってその日に出た宿題を姉に教えてもらいながらやるのですがすでに泣き疲れていたため僕はボーっと姉の教えを聞きつつ問題を解くのですが全然解けず。

そしてしびれを切らした姉がついに母親に電話して泣き出した笑。
『うちが何回も同じこと言ってるのにめいじが全然理解してくれへん!うちではもう教えられへん!』

そして僕もまた泣き出して兄弟二人して大泣き笑。

たかが筆算でこんなに泣いたのは僕と姉だけなんじゃないかと思ってます。

本当に当時はそれだけ勉強できないダメダメ人間でした。

継続して塾に通うものの、成績が対して上がることもなく本当に勉強が超苦手な小学生時代を送っていました。
塾のクラスでは万年一番下のクラス。
授業中はうたた寝をしてしまったり帰ってから宿題をやってもよくわからず。

模試を受けさせられるのですけど一度も50点以上とったことないんじゃないかな〜とゆうくらい本当に絶望的に馬鹿でした。

平均してどの科目も30点前後だったと思います。

一応中学受験はしたのですが受験1週間前に先生に言われた一言が忘れられません。

『めいじくん。受験する気あるの?もう辞めたら?無駄だよ。』

当時小学生だった僕には強烈すぎて勉強に対する、受験に対するモチベーションなど皆無に等しく崩れ落ちました。

周りが超頭のいい私立の中学校に進学する中、

僕だけ大阪から広島のど田舎にある偏差値も対して高くない学校を受験して
超ギリギリでかろうじて合格したものの
中学の勉強が難しくて結局中学生になってもクラスでも平均以下の点数を取り続け、勉強嫌いは治らず。

『俺は何をやってもダメなんやな』

これによって僕には完全に勉強の才能がないと確信していました。

たかが小学生の勉強内容だとしても僕にとってはそれほどに大きな挫折経験でした。
小学生時代に勉強に対する挫折を味わい、結局中学に上がっても勉強の内容についていけず、
毎回の定期テストでは必ず一つは赤点を取るような、もうダメダメな学生生活でした。

初めての彼女ができるも僕と同じ野球部の同級生に奪われる中学生時代

中学校に上がると勉強はもちろん難しく、アホな僕にはますます理解できないことだらけでした。

勉強に対してはむしろ潔く諦めていたところもありました。

そして思春期とゆうこともありこの時は恋愛や部活に熱中していました。

中2で初めて彼女もできました。

当時はガラケーすら持ってなく田舎の学校だったので
登下校一緒に帰るとかお互い文通でやりとりしたりそんな青春してましたね(懐いw)

ただ悲劇はおきます。

僕はある理由で寮生活をしていて携帯が持てなかったのですが
同じ部活の子が携帯でいつも僕の彼女とやりとりしていたそうです。

それに気づいた時は時すでに遅し。

彼女の心は僕と同じ部員の子に向かっていました。

そして見事フラれましたwww

いやーきつかったですねあの時は。
だって人生で初めての彼女でしたからね。
しばらくは部活にも集中できませんでしたよ。

そして劣等感をこじらせて

『どうせ俺なんて』

とゆうマインドに支配されてその後も中学時代には彼女はできず、
彼女にフラれるとゆう挫折を味わうことに。

『ほんまに挫折だらけやな俺。』

結局この劣等感にさいなまされたマインドはずっとつきまとい、高校時代にも一度も彼女を作ることができませんでした。

大好きな野球を諦めて、人生で最大の後悔をした高校時代

僕は中学では軟式野球部に所属していて、根っからの野球少年でした。中学時代は僕は下位打線でしたけど一応レギュラーでは出てて。

当時は創部以来初めて中国大会とかに出たりしてました。(広島の学校でした)

当然、高校でも野球をする予定で「目指せ、甲子園!」って感じで部活を頑張っていたのです。

ですが、僕は高校入学ギリギリになって高校野球に挑戦することを断念することになります。

「え?野球好きなんやろ?なんで野球部に入らんの?」となるのが普通だと思います。

僕の高校は甲子園に出るぐらいに強豪校でして、部員も毎年100人近くいます。

そんな中で、僕の中学から高校に上がってレギュラーは愚か、ベンチ入りすらできてる人がいませんでした。

一人、飛び抜けて上手い人がいただけ。

僕よりもはるかに上手い先輩ですらベンチ入りできない姿を目の当たりにして、

「ベンチ入りできひん高校野球に意味ない。3年間スタンドは嫌やわ・・・」

なんと僕はそんな理由で高校野球、そして甲子園への挑戦の道を断念することになりました。

他の高校に行くって選択肢もありましたが、当時バカすぎた僕には転校なんて選択肢はありません。

心の中のわだかまりと後悔は高校3年間、拭いきれないまま過ごしました。

人生で後にも先にもこれだけ後悔する出来事はないんじゃないかってぐらいの事。

そして挑戦せずに後悔したことって、月日が経つにつれてより膨大に膨れ上がってきます。

それは高校を卒業して3年が経ってもなお感じることなので間違い無いです。

この時の経験から、もう挑戦をせずに後悔することは辞めよう。もっと挑戦的になって自分に限界を作らずにいようと考えさせられた経験でした。

遅刻を繰り返すも上司に楯つくクソ生意気で素直ではないと知った専門学生時代

勉強が嫌いだった僕は大学受験はせずに、高校卒業後はゆういつ好きだった英語を頑張ろうと思い英語の専門学校に通います。

そして当時はお金もなかったので
新聞配達をすると学費がもらえるとゆう制度の新聞配達奨学生とゆうものに応募して
1年間ほぼ休みなく配達してました。

当時は専門学校の授業、
そして課される課題の量もえげつないぐらいあったので
それらもあって1日の平均睡眠時間は3時間から4時間だったと思います。

朝2時半に起きて夜は11時に寝るとゆう生活を1年間してました。

そして僕は遅刻を繰り返します。本当に起きれなくて遅刻ばかりしてました。
何度も上司に怒られては怒鳴られ人生で一番怒られた一年だったと思います笑。

でもそこで僕は

『お前らは昼間寝てるやろうけどこっちは昼間も授業あるし課題に追われてんねん!俺の気持ちもわからんくせに!!』

と小心者の僕は心で思ってました笑。

時には朝から胸ぐらを掴まれて壁に叩きつけられる。
時には朝から蹴られては殴られる。

もちろん遅刻ばかり繰り返して反省していない僕が悪いのですが。

そして僕はなぜか反抗的な態度で上司に

『僕が遅刻してもちゃんと新聞さえ届けれればよくないですか?』

とか意味わからんことほざいてましたw。

遅刻して他の職員の人たちの準備作業が増えて迷惑かけてたのに。
当時の自分が恥ずかしいしぶん殴ってやりたい。

でも当時は高校までは経験したことのない眠れないイライラの毎日。
自然と性格も歪んでいったのかもしれません。

この時ばかりは人生最大に自己嫌悪に陥ってました。

自分はまともに朝起きることもできない。配達でミスばかりする。

周りとの能力の差にこんなこともできないのかと自分を卑下しまくってました。

語学留学中にネットビジネスと出会い価値観が崩壊する

専門を卒業して僕はイギリスへ留学をしていました。

そこでは初めて英語だけで過ごす環境。日本人がほとんどいない田舎。

最初の方はワクワクドキドキで毎日英語を使う自分に酔いつつ
まだまだだなーと思い毎日を過ごしていました。
ただ授業数も少なく暇な時間が多かったです。

そしてイギリスの学生は確かに試験前には勉強はするけど
週2でクラブで騒ぐし授業にも出席しない人もいるしで

『え??これって日本の大学と同じじゃね?』

と思ってました。

そしてふと思ったのです。

『俺、このままここで過ごしたら確かに
英語力は伸びるかもしれんけど俺がしたかったのはこんなことじゃないねんなー』

そして人生についてもう一度考えました。

するとふと考えが舞い降りてきたように

『俺、やっぱ会社に就職して生きたくはないねんなー。

もっとでかいことしたいし社長になって人を動かす立場になりたい』

今までこんなこと考えなかったわけではないけどこの時はなぜか強烈に考えましたね。
そして猛烈に調べました。どうしたら社長になれるか。
もしくは個人事業主として働けるか。

そして一つのブログ記事に出会います。

『月収100万を稼ぐのははっきり言って簡単です。ビジネスの本質、原理原則を知れば誰でも到達できる世界です』

めっちゃ胡散臭いw
よくあるよなーこんな感じのうたい文句。
だいたいがスーツ着て金持ちアピールしてるめっちゃ胡散臭い典型的なやつ。

ブログ記事の主は動画も載せてあったので気になって見てみました。
すると顔出しはしないし何かアドリブでベラベラ喋っているような。

その人の動画を見ていくうちにだんだんとその人の思考、知識が半端じゃないことに気づき
すっかり聴き入ってました。

そしてこの人を信じてみたくなったんですよね。

話していることもよくあるネットビジネスの勧誘とかそうゆうのではなくて本当にビジネスの本質、思考法、勉強がいかに大事かと。

そして圧倒的な知識量に魅了されました。

『これや!俺が知りたかったのはこうゆうことや!勉強すれば、お金稼ぎの勉強さえすれば賢
くなるし賢くなればもっと稼げるしでいいことしかないやん!よし!俺はこの人の言う通りに
ビジネス勉強しまくって稼ぎまくるぞ!』

と早速この人のメルマガに登録しました。

そのあともいろんな人のメルマガを登録しました。
僕が登録したのはだいたい『勉強が大事、ビジネスは原理原則、仕組み化を学べ』と唄った人たちです。
どの人も言っていることはほとんど同じでやはり
勉強は大事なんだなと実感してそこで初めて猛烈に勉強しようと思いました。

決心した僕は留学を途中でやめてソッコーで帰国しました。
英語力が伸びて将来給料のいい外資系で働ける可能性を捨てて。

でも僕はこの決断に後悔は一切してません。

なぜなら本音では僕がしたかったのは英語を使って仕事をすることではなかった。
単に海外の文化に触れてそして旅行ができればいいな
ぐらいにしか考えてなかったからです。

だから留学をしていたものの対して勉強に身も入らずにダラダラと過ごしてました。

当時はかっこつけて外資系で働くとか言ってました。
本音を言えばまず会社に行って人の元で働きたくはなかったし
海外には自分で社長になってお金を稼いで時間的にも
金銭的にも自由になってからいくらでもいけばいいと言う考えに変わりました。

70億円規模の企業をコンサルする師匠に弟子入りして人生が変わった

帰国してから僕は人生で初めて猛烈にビジネスについて勉強を始めました。

毎日尊敬する人たちの音声を朝から晩まで流してこの人たちの思考、マインドを手に入れようと勉強する日々です。

しばらくしてコンサル受けたいなーと思いました。

と言うのも有料教材を買って勉強してても学びにはなるものの
どこでつまずいてどのすればもっと効率的にできるかは
やはりメンターがいた方が断然早いなと思ったからです。

実際ネットビジネス界隈の人たちも総じて

『さっさと投資してコンサル受けた方が早い』と言ってましたし。

そこで僕はツイッターで徹底的に尊敬する人たちをフォローして
いいねやリツイートしまくりました。

そしたら僕のツイートを引用コメント付きでリツイートしてくれたり

僕のDMにも返信してくれたりとちょっとずつではあったけど
確かな進歩、成長を実感しました。

『とにかく即実践!言われたことはやる!』

このマインドの元やれば見てくれる人は見てくれるんだなと実感しました。

そして僕の人生を大きく変える出会いがあります。

『70億企業をコンサルして今は寝てても月収100万を稼ぎだす
仕組みを作ってオフラインのビジネスもたくさんコンサルしている』

とゆう人のツイッターを見たのでこの人のツイートにもいいね、リツイートしまくりました。
そしたらDMがきたんです!!!!

『いつもいいねリツートありがとうございます。一度skypeでお話しませんか?』

ちょうどこの時誰かのコンサルを受けたいなと思っていたので
もうこれは運命だと思って早速連絡して後日やりとりしました。
話してみると気さくな人で特別勧誘するようなこともなく

この人の思考、ビジネスを共にしている人たちのレベルに唖然としました笑。

食事にも元ゴールドマンサックスのトレーダーの人たちと食事をしていたり僕の世界では考えられない異世界の人だなと。

僕はこの人についていこうと決心しました。

僕からコンサルをお願いするとあっさりと了解が得られました。

『めいじさんは熱意ありますしすぐに稼げるようになると思いますよ』

俄然やる気が湧いてきました笑。

コンサル費は50万。

僕は少し躊躇したものの

『今投資しないでいつするんや!このままやとただの高卒の落ちこぼれやぞ!人生変えるんや!』

その思いで通帳に残ってた30万と母親に20万借金してコンサルを受けることに。

おそらく人生で一番大きな決断。

僕の周りには海外留学をしている人も多く
僕だけ途中帰国して正直後ろめたい気持ちがないと言ったら嘘になります。

でも僕にはこれが最善の道だと勉強してわかったのでこのネットビジネスの可能性にかけることにしました。

師匠の思考法。仕組み化の概念。どのようなアプローチで進めていけばよいかetc…

徹底的にわからないところは何度も何度も繰り返し復習をし、それでもわからなければ師匠に聞いてまた実践をする。

僕はビジネスの勉強を始めてからとゆうものの
以前とは異次元レベルで思考、観点、そして行動が変わりました。

今までにないくらいに勉強していますし
(この前はマーケティングに関する本を一気に5冊買ってきました)
知識が圧倒的に増えた分、人に話すネタもめちゃくちゃ増えました。

ブログを書くのもインプット量が多くて伝えたいことがあれば
30分で軽く2000字は超えてしまいます。

僕は有料の教材も買って学んでいるのですがそれらのネタも今は人に説明できるレベルまで
きていますししょーじき学んでいれば書くネタに困らないなと確信してます。

他にも僕の生活レベルで変わったことがあります。

例えば、飲食店に入れば必ずメニューや店の看板を見てもっとここを直せば集客増えるんじゃないかなとか。

この店はリピート客を増やすために何か特別なサービスをしているだろうか。

ちゃんとリスト取ってるのかなとか。

など飲食店へいくの一つとっても以前とは見え方も
変わりましたしどうすれば売り上げがあげられるか
を考えるようになりました。

そしてもう一つ変わった点としては時間の使い方。

まず僕は無駄な時間は徹底的に減らそうとiphoneに入ってるSNSアプリ
をすべて削除しました。

すると今までいかに時間を無駄にしていたかを実感。

5分でも暇があればSNSを開いてたのが
5分でも暇があれば師匠の音声を聞く。本を読むとゆう風に行動が変わりました。

そしてラインの友達の連絡先も家族親戚以外は
すべて削除しました。

結果が出るまではとことんビジネスと向き合うと決めて、友達の誘いもすべて断ってビジネスと向き合いました。

結果を出したければ兎にも角にも一つのことに徹底して取り組む。
他のことは捨ててでも短期集中で勉強する。

これができているおかげで一日中ビジネスについて考えるクセもつきました。

移動中は常に耳にイヤホンを突っ込んで音声教材を聞き流す。
寝る前はメルマガやレポートを読み込む。
スキマ時間にメモを取ってはコンテンツの作成に勤しむ。

こういったマインドを手に入れたことによって僕の勉強に対する
モチベーションが下がったことはほぼありませんし
今なお現在進行形で実践しています。

これも僕の中で変わった価値観の一つですね。

さいごに

僕はこれからこの世界で走り抜けていきます。

そしてネットビジネスにとどまらず、オフラインのビジネスでも結果を出していきたいと考えてます。

直近では飲食店の店主の人と話をして集客方法についてのアドバイスをしたりもして、徐々にですが進出してこうかなって段階です。

ネットビジネスでマネタイズできれば今まで出会えなかった人との関わりも増えるでしょうし、
もちろん会社へ毎日いく必要もないので好きな時間に起きて好きな人と共に過ごすこともよいでしょう。
自分の趣味に没頭することも可能になります。

そして何より選択肢が増えます。

今まで買えなかったものが買えますしそれこそ思い立ったときにすぐに1週間海外旅行にいくこともできるでしょう。

ネットビジネスはまだまだ怪しい分野に思われていますがその先入観をぶち壊せた人たちが今圧倒的に稼いでいます。

ビジネスで成功するのにこれからの時代、学歴は関係ないです。起業するのであれば。

ぜひ一緒に学びて富みましょう。

追伸

僕の過去をより深く解説しているのが
下記のレポートです。

僕の根幹となる考え方やどんなことを
思って生きてきたのかを僕のエピソードを
交えながら包み隠さず書いたつもりです。

「僕も投げ出さずに頑張ろうと思いました!」
と言う感想もいただいています。大変
嬉しい限りです。

だいぶ僕の感情も入っていて
物語形式になっているので

気軽にお読みいただければと思います。

中途半端野郎だった僕のレポート (1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はビジネスを通して人として成長していく、
学歴がなくても自分の人生は自分で切り開いていけるとゆう

コンセプトの元にこのブログ記事を書いて情報発信しています。

何より「好きなことして生きていく」と言う人生が
夢物語でもなんでもなく、誰でも勉強さえすれば
できるんだということを証明したいとも思っています。

今でこそ僕は働かなくても自動で収益が入ってくる
仕組みを構築したり、企業コンサルをしたりと自由な時間に
好きなことをさせてもらっています。

でも最初からこうだったわけではありません。

元々は勉強のできない学歴のないただの高卒でした。

そんな僕でも働く場所の自由、時間の自由を手に入れて好きに生活させていただいてます。

人生は何度でもやり直せるし何度でもチャンスはあると
考えています。

下記の記事に僕の人生、価値観を大きく変えた軌跡を
綴っています。

めいじの理念『ビジネスの成功に学歴は関係ない』

メルマガではブログやyoutubeで書かれてない内容も
話してます。

下記から無料メールマガジンに登録することができます。

21歳で起業し、勉強する楽しさに味を締めて人生が充実しためいじのメルマガに参加する場合はこちらをクリック