稼ぎたいならコピーライティングを身につけるべし

こんにちは、めいじです。

今回はいかにコピーライティングを身につける

ことが収入アップに関わってくるのかを徹底的に

話していきたいと思います。

そもそもコピーライティングとはなんだ

コピーとゆうのは言葉、ライティングとは書くとゆうこと。

ゆえに言葉を書く、文章を書くとゆうことです。

ではなぜこのコピーライティングが収益売り上げアップに直結してくるのか。

 

商品を売っている最大の要因とゆうのは言葉です。

考えてみてください。

何か商品を買うときにまず何を目にしますか?

商品のパッケージですよね。

 

しかもそれが買ったこともないような新商品であれば

袋を開けるまでは正体は良いものなのか悪いものなのか

もわからないのです。

 

なのに買ってしまう。

これこそまさにコピーライティングの技術です。

技なのです。

 

人は論理で納得して感情で動きます。

 

お腹が空いたので近くの美味しいラーメン屋にいきたいと。

あそこのラーメンが食べたいとゆう感情で動いてますよね。

理由はあそこのラーメン屋のとんこつは値段も

リーズナブルで美味しいと確信、納得をしているから。ようは

こうゆう論理で納得をしているからお腹が空いたとゆう感情が

働いた時に食べに行くわけです。

 

言葉には感情が宿ります。

どうゆうことか。

漫画なんかは感情による描写が多いために

人々はその物語に感動をして感情を揺さぶられて

また続きが気になって読んでしまうんです。

 

これがwikipediaだとどうでしょう。

みたいと思って楽しんで読めますかね。

これは辞書のようなもの、機能的なものしか

書いていないために人々の心を、感情を揺さぶることが

できずゆえにファンも獲得できないとゆうわけです。

 

この感情を揺さぶるとゆうのが肝です。

コピーライティングとは人々の感情を揺さぶり、

感情に訴えかけることによって商品を買わせるように

するとゆうことなんですよね。

 

そして文章にはレバレッジがかかります。

レバレッジがかかるとゆうことは一度文章を

書いてしまえば何度も言葉を発することをしなくても

何度もセールスをしてくれるとゆう状態になるわけです。

もっといえば文章一つで何人もの営業マンを量産するような

ものなんです。

 

これはすごいと思いませんか?しかも今の時代インターネット

を使わない商売なんてほとんど儲からないとゆうか

使わないのは機会損失がハンパではないですよね。

 

さらにyoutubeやその他動画投稿サイトの出現によって

文章を書かなくても言葉による発信で商品を得ることも

可能になっているわけです。

 

youtuberがよく商品紹介をしていたりしますがあれも

コピーライティングを言葉を発することによって

行っているとゆうことです。(有名な人であればあまりライティングとか

気にしないでよくないのかもだけど)

コピーライティングの可能性

このコピーライティングの力を身につければ

たとえ市場規模が日本であっても月収100万〜1000万とゆうのは

全然可能な領域です。僕も正直ビビってます笑。

 

さらにマーケットの規模を英語圏にすれば月収5億から10億とかってのも

ザラにあります。これってめちゃくちゃ夢ありません?笑

 

それほどまでにコピーライティング、文章の持つ力とは凄まじいのです。

何度も言ってますがこの世の中の人々を支配しているのは言葉です。

みんな言葉による宣伝で商品を買うし人の話を聞くし感情を

揺さぶられるわけです。言葉を使わない商売なんてないですからね。

マーケットは無限大ですよ。

 

ほとんどの世の中の人は給料をあげようと思って資格をとることに

走りがちです。

でもこれって超ライバル増えますよ。

弁護士や会計士とゆうのはすでにある程度認められている

資格であるがゆえに賢い人とゆうのはそれめがけて

勉強するわけです。

 

しかしそうなると周りは高学歴ばかりのエリートばかり。

正直競争率激しすぎて無理ゲーです。

 

でも安心してください。

コピーライティングには資格はありません。

そして文章を書くとゆうのは才能やセンスが必要だと

思っている人が多いためにライバルもほとんどいません。

資格試験がないとゆうことはそれだけみんな明確な指針を持って

勉強をする人がいないわけです。

 

なので人知れずコピーライティングの技術を勉強して身につけて

しまえばそれだけでかなり重宝される人材になることが

可能になるんです。

ビジネスの本質を知ればいかにコピーライティングの技術が大事かが

わかっていただけると思います。

 

さらにコピーライティングは不労所得になってもくれます。

どうゆうことかとゆうと一度文章を書いてしまえば

あとはメルマガで自動でセールスをしてくれることになるので

ゆえに自分が何もしなくてもその文章の力によって

勝手にお客さんが商品を購入してくれる状態を

作り出せるとゆうことです。

 

いやーコピーライティングやべーわ笑笑。

 

じゃあどうやって勉強するんや?

これは良質なインプットと良質なアウトプットを

繰り返すことです。

やることは三つ

  • 優れたセールスレターを何度も読む。
  • ライティング教材を読む。
  • 圧倒的に量をこなして勘を研ぎ澄ます。

 

やはり何事も良いものの真似、型を真似るとゆうのは大事ですから

良いセールスレターを読んで徹底的に反復しましょう。

 

ライティングの教材を読むとゆうのは

やはり方法をある程度わかっていないと

良いものを作り上げるのは至難ですから教材を買って

学んでいくとゆう作業は必要になってくるかと思います。

 

最後に圧倒的な量をこなす。

これは何事においてもそうですが何かを

身につけたい時にはまずは量をこなしていって

慣れていくのが非常に重要になってきます。

 

そして量をこなしてストックもある程度増えれば

勘を研ぎ澄ます必要があります。

 

どうゆうことかと言いますといろんなん人が書いているセールスレター

を見てこれにはどんな意味があってどんな

人に向けて書いているレターなんだろうと考えるように

なってきます。

 

そしてアウトプット。

これらの作業をやったあとはひたすらに音読をするなり

その文章を書いてみたり。

 

そうやって血肉にしていきましょう。(自分にも言い聞かせてます笑)

コピーライティングは物を得るのに不可欠な技術

これまで何度も言ってきましたが

物を得るのは言葉なのです。

買って中を見てみて使ってみる食べてみるまでは

実態はわからないのです。

 

ゆえにどんなに良い商品であってしても

コピーが弱ければ売れることはありません。

 

逆に商品はそこそこのものでも

コピーが超うまいものであれば劇的に商品は

売れていきます。

 

ゆえに商品を得る時にもっとも重要視

しなければならないのはこのコピーの技術です。

もちろん商品の質がいいのは前提です。

 

ですがこの世の中には似たような商品って

いーーーーーーーーーーーーっぱいあります。

どこで差別化していくかと言ったらパッケージとか

コピーなんですよね。

 

それだけこのコピーライティングとゆうのは

可能性を秘めています。

 

僕もまだ道半ばです。

あなたとともに学び、そして成長していきたいです。

 

ぜひお互い学んで富みを得ましょう。

では。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はビジネスを通して人として成長していく、
学歴がなくても自分の人生は自分で切り開いていけるとゆう

コンセプトの元にこのブログ記事を書いて情報発信しています。

何より「好きなことして生きていく」と言う人生が
夢物語でもなんでもなく、誰でも勉強さえすれば
できるんだということを証明したいとも思っています。

今でこそ僕は働かなくても自動で収益が入ってくる
仕組みを構築したり、企業コンサルをしたりと自由な時間に
好きなことをさせてもらっています。

でも最初からこうだったわけではありません。

元々は勉強のできない学歴のないただの高卒でした。

そんな僕でも働く場所の自由、時間の自由を手に入れて好きに生活させていただいてます。

人生は何度でもやり直せるし何度でもチャンスはあると
考えています。

下記の記事に僕の人生、価値観を大きく変えた軌跡を
綴っています。

めいじの理念『ビジネスの成功に学歴は関係ない』

メルマガではブログやyoutubeで書かれてない内容も
話してます。

下記から無料メールマガジンに登録することができます。

21歳で起業し、勉強する楽しさに味を締めて人生が充実しためいじのメルマガに参加する場合はこちらをクリック